北海道・青森県・岩手県・山形県・福島県警察から配信される犯罪の発生情報を掲載しています。

※宮城県警察はメール配信サービスを確認できなかったので情報はありません。
※秋田県警察はメール配信サービスを確認できなかったので情報はありません。(大館署のみ実施?2011/2)

■携帯サイトはこちら
管理人:向日葵

(2011/xx/xx)現在特別な連絡はありません。

Twitter Button ←このブログに掲載した情報をツイート中

2017年09月22日

大手企業を装った架空請求詐欺にご注意!

今月20日、天塩警察署管内に居住する男性の携帯電話に「サイト利用料金の未払いがある」等とショートメールが届き、電子マネーカード40万円分の詐欺被害が発生しています。
犯人は、コンビニの従業員から怪しまれたり、警察への発覚を避けるため、男性に対して「複数のコンビニで5万円ずつ購入するように」と指示をしています。
Amazon、Yahoo!、DMM.com、J:COMなど、各種インターネットサービスを提供する企業を装った架空請求メールには十分注意してください。
メールには「カスタマーセンター」等と称した電話番号も記載されていますが、その番号に電話してしまうと、高額な料金を請求されてしまいます。
身に覚えのない請求が来ても、絶対に電話連絡せずに、警察や家族に相談してください。【天塩警察署】

2017年09月22日

苫小牧で約4,500万円の詐欺被害発生!

苫小牧市内の80代の女性が約4,500万円の特殊詐欺被害に遭いました。6月、女性のお宅に電話会社の社員を名乗る男から「農業機械の会社に投資したいので、あなたに届いている投資の用紙に興味がなければ譲ってほしい」旨の電話がありました。女性が了承すると、警察官を名乗る男から「投資で名義貸しをしたので逮捕する」と電話が来ましたが、弁護士を名乗る男から「保管金を支払えば和解になる」と言われ、犯人の指示どおり複数回、東京都内に現金を宅配便で送付しました。「名義貸しで逮捕」「宅配便でお金を送れ」は詐欺です!配信:北海道警察本部生活安全企画課

2017年09月22日

「民事訴訟管理センター」からのハガキは詐欺です。

 「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」名義で架空請求詐欺のハガキが送られてくる事案が急増しています。「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題されたハガキは、「訴状が提出されました」「裁判取り下げなどのご相談に関しましては、職員までお問い合わせ下さい」などと書かれていますが、典型的な詐欺の手口なので無視してください。【配信:深川警察署】

2017年09月21日

架空請求ハガキに注意

昨日から本日にかけて、留萌警察署管内の複数のお宅に架空請求と思われるハガキが郵送されてきています。送り主は「法務省管轄支局民事訴訟管理センター」であり、期日までに本人から電話連絡がない場合は、強制的に差し押さえを行う等記載されておりますが、この団体は架空であり、身に覚えのないハガキやメールでの請求は詐欺です。送り主に慌てて電話などせずに、まずは落ち着いて家族や警察にご相談ください。(配信:留萌署0164−42−0110)

2017年09月21日

のぞき事案の発生(永山地区)

9月19日午後11時30分ころ、旭川市永山地区の一軒家で、寝室をのぞかれる事案が発生しました。このお宅では完全にカーテンを閉めていませんでした。夜間は必ずカーテンを閉める、カーテンに隙間がないか外から確認するなどしてください。また、今回のお宅では、窓の下に砂利を敷いていたため、犯人が砂利を踏む音で気づくことができました。のぞきや泥棒は、音や光を嫌います。ホームセンターなどで販売されている大きな音の出る防犯用の砂利やセンサーライトを設置して犯人に狙われない環境づくりをしましょう。●配信:旭川東警察署